クレジットカード現金化をクレジカード会社にバレないようにするために

クレジットカード現金化即日口コミ【優良店はココだ!】

クレジットカード現金化をクレジカード会社にバレないようにするために

読了までの目安時間:約 3分

 

どうしてもすぐに現金が必要な時にクレジットカード現金化を使うことがあるかもしれません。クレジットカード現金化はキャッシングやカードローンとは違って審査を受ける必要がありませんので、急な必要に役に立つことがあります。違法性がどうかという問題は避けては通れませんが、クレジットカード現金化の業者が摘発された例はありますが、クレジットカード現金化をしたクレジットカード利用者が摘発された例はありません。

安心というわけではありませんが、クレジットカード利用者はこれからも違法行為として摘発される可能性はかなり低いと考えてもいいでしょう。

しかし、違法行為として摘発される可能性は少ないですが、クレジットカード現金化はクレジカード会社とクレジカード利用者とで交わしている利用規約には間違いなく違反する行為です。そんな規約を交わした記憶はないという人もいるでしょうが、クレジットカードを受け取った時点でクレジットカード会社との利用規約には同意していることになります。そもそも、利用規約に同意しなければクレジットカードを申し込むことは出来ません。

そして、クレジットカード現金化によって利用規約違反がクレジットカード会社にバレてしまえば、そのクレジットカードは即時利用停止、今までのクレジットカード利用分の一括請求、それ以降は他のクレジットカードも保有することが出来ないと大きなペナルティが待っています。いわゆる信用情報にもその履歴が記載されてしまい、クレジットカードだけでなく、キャッシングやカードローンの利用にも支障をきたしてしまう可能性まで考えられるのです。

しかしこれはあくまでもクレジットカード現金化をクレジットカード会社に知られてしまった場合で、クレジットカード会社にバレなければクレジットカード会社からのペナルティを受けることは考えられません。

クレジットカード現金化がクレジットカード会社にバレるのは通常とは違う利用をするからです。具体的に言えば、クレジットカードのキャッシング枠を使いきっている人は要注意です。キャッシング枠が残っている人はまずはその枠を使うからで、キャッシング枠が残っているのにクレジットカード現金化をする人は少数だからです。キャッシング枠がない人で換金性の高い商品を沢山購入している人などにクレジットカード会社は目をつけているので、クレジットカード現金化を利用しようとする人はその辺りに注意して利用しましょう。

 

記事    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
«  | ホーム |