現金化するときの注意点

クレジットカード現金化即日口コミ【優良店はココだ!】

クレジットカードを現金化するときの注意点

読了までの目安時間:約 3分

 

最近、インターネットや新聞・雑誌等で「クレジットカードのショッピング枠を現金化します」などという広告が掲載されていることがあります。

 

これらは、一部の業者が当座の資金に困ったカード利用者に、ショッピング枠を現金化するように勧誘するものです。

 

「換金目的でカードを利用することは、「クレジットカード会員カード規約」に違反する行為で、カードの利用が出来なくなったり、結局は自分の債務を増やすことになります。

 

また、犯罪や思わぬトラブルに巻き込まれるケースもあります。

 

実際にどういうケースがあるのか調べてみました。

 

ケース① 

 

ほとんど価値のないものをクレジットカードで購入させ、その代金の何割かをキャッシュバックするもの
A君  借金の返済が滞っているのでどうしよう。40万円すぐに欲しいんだけど。インターネットでも見てみよう。
インターネットの広告 CD-ROMを50万円で買ってください。そうすれば、8割の40万円をキャッシュバックしますよ。

 

A君  お金の工面がついて本当によかった。
ところが、クレジットカード契約に基づき、後日、クレジットカード会社から請求書がきました。

 

A君  50万円も支払わなければいけないなんて。借金が増えただけだ。

 

A君が手にしたのは、ほとんど価値のないCD-ROMと現金40万円です。結局、クレジットカード会社に支払わなければならないのは、50万円ですので差引10万円の損となります。

 

金利で計算すると年300%です。(元本40万円を借り入れ、利息10万円で30日後に返済する場合)

 

このケースでもインターネットでの取引や実際の店舗(リアル)での取引があります。また、「クレジットカードのショッピング枠の現金化」には上記以外にも、カード会員に転売しやすい金券類を指定し、それを販売しているお店でその金券類をクレジットカードを利用して購入させて手数料を引いた額で買い取るものなどがあります。

 

また、表示されている換金率の金額を受け取れなかったり、業者から約束されたお金が渡されなかったりするなどの事例も見られます。

 

上記のように思ったようにお金にならない時が多いのでもし利用するときには慎重な判断がいるかもしれません。

 

クレジットカード現金化即日口コミ【優良店はココだ!】TOP

 

記事    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: